サプリメントを上手に使って健康な生活を送りましょう

サプリを上手に使って健康生活

最近のドラックストアやコンビニの棚には、さまざまなサプリメントが所狭しとたくさん並んでいます。
皆さんもサプリメントを飲んでいらっしゃるでしょうか?
中には何種類ものサプリを持ち歩いていて、会社のランチや飲み会の場でこれ見よがしに飲んでいるツワモノも見受けられます。

そもそもサプリメントとは「栄養補助食品」とか「健康補助食品」などとも呼ばれ、普段の食事で不足しがちな栄養素を補助的に摂取するためのものです。
理想は毎食バランスの良い食事を用意して、その食事から様々な栄養を取ることなのですが、忙しかったり食材が効果だったりとさまざまな理由で実現できないのが実情です。
そこで足りない栄養素を簡単に摂取できる、と人気に火が付いたのがサプリメント。
正しく摂取すれば、当然健康に寄与してくれることでしょう。

上手にサプリを活用しましょう

サプリメントが危険?

サプリメントは上手に正しく取れば健康にいい影響が見込めるわけですが、取り方を間違えるとまったく効果がなかったり、場合によっては逆に体に悪影響を及ぼすこともあります。
研究結果によると、栄養が足りている人がビタミン・ミネラルなどのサプリを摂取しても慢心疾患の予防や死亡リスクの低減効果はなく、 逆に一部の疾患リスクを高める可能性があるということです。
ある論文によれば、栄養が十分な人において、心臓血管疾患、心筋梗塞、ガン、認知症、言語記憶、そのいずれに対してもビタミンやミネラルのサプリメントは予防効果はなく、ベータカロチンが肺がんリスクを高める可能性や、 ビタミンEや高容量のビタミンAの摂取が死亡率を高める可能性などを示し、それらのサプリメントに明確な利益はなく、むしろ有害であるかもしれないとしたのです。
それで安易にサプリを常用するのはかえって病気のリスクを高めることにもつながりますので、十分注意することが必要です。

またサプリを取ることで、安心して偏食をしてしまう人もいるようです。

バランスの良い食事を

結局人は加工食品ではなく、自然の食べ物から栄養を取るのが一番効果的です。
それなのに、サプリメントに頼りまともに食事をとらずにアルコールや塩辛いつまみばかり食べたり、甘いお菓子ばかり食べていたら結局栄養バランスを崩して健康を害することになってしまいます。
あくまでもサプリメントは栄養補助食品。そのことを忘れずに、普段の食事に気を使いどうしても足りない栄養をサプリで補うようにしましょう。
体調がすぐれなかったり、すでに病気にかかっていたりする場合は必ず医師に相談してから取るようにしてください。

このサイトは

このサイトはある特定のサプリを推奨するものではなく、一般的なサプリの情報や効果を紹介する目的で作られました。
それでサプリを取るのか取らないのかはすべて自己責任でお願いします。
しかしながら、きちんと自分に合った(自分に足りない)栄養をサプリで補うことはやはり必要な場合もありますので、医師や薬剤師などと相談しながらサプリと上手に付き合っていきましょう。

おススメサイト情報

バイク便で木更津なら「千葉成田バイク便」へ
八千代市 不用品回収 粗大ゴミ
生活習慣病の脅威
今おすすめしたい、ワイン厳選5本まとめ
軽い運動で体力アップしよう!
無理せず健康的にダイエット
神奈川で整体学校をお探しなら
整体学校 静岡

↑ PAGE TOP