サプリメントを上手に使って健康な生活を送りましょう

アルコールとサプリメント

頻繁にお酒を飲む人は肝臓に負担がかかり、その機能が低下しやすく病気になやりすい傾向があると言われています。
肝臓には痛みを感じる神経がないため無言の臓器と呼ばれており、病状が進むまで自覚できないので普段から意識して肝臓をいたわってあげる必要があるといいます。
もともと肝臓は血液を濾過したり、体内に入り込んだ毒素を分解したりととても大切な働きをしています。
最近は肝臓がんや、肝硬変、脂肪肝などの肝臓の深刻な病気にかかってしまう人も増加傾向にあるようです。
その主な原因はやはり食生活の偏りや運動不足な生活習慣でしょう。
毎日大量のお酒を飲み続けている人やストレスの多い日々を送っている人は、特に肝臓機能が低下しやすいといいます。
なるべく肝臓をいたわり負担をかけない生活をするためには、アルコールとカロリー摂取量を控えることと適度に運動することが大切です。
どうしてもお酒が好きな人や仕事などで飲まなければならない人は大切な肝臓を守るために、休肝日を作って休める努力をすることが必要でしょう。
さらにサプリメントも役に立ってくれるかもしれません。
例えば肝臓の働きを助ける効果があると言われているオルニチンを、サプリメントで摂取することが助けになるかもしれません。
ほかにも肝機能を高める作用があるという栄養素の中にはタウリンやビタミンがあります。
お酒を飲むならばそうしたサプリメントで摂取するようにしてみましょう。
普段から飲みに行く機会が多いという方は、ぜひ肝臓のためにサプリメントを活用してみてください。

肝臓のためのサプリ

次の記事へ

↑ PAGE TOP